60代男性:腰痛の改善

来院動機

1週間前に道路を歩いていた時ふと腰を痛めてしまった。

元々腰痛もちで坐骨神経痛も患っていたため今後の予防も含め通院した。

 

 

 

カウンセリング内容

痛みの出たきっかけ

長時間同姿勢による骨格の歪み、筋肉の緊張。

坐骨神経痛の影響で歩いているときにも症状が出ることがある。

どのような時に痛みがでるのか

歩き始め。

同じ姿勢が長く続くと尾骨にかけて症状がでてくる。

身体所見と治療、経過

初回施術

骨盤が歪んでおり、バランスが崩れて腰から下半身の血流低下に負担がかかっていた為、骨盤を歪ませている原因部分に矯正を行い筋肉の硬結部位を治療した。

重心差をなくすため両足にテーピングを貼り骨盤を正しい位置でとどめるため腰にテープを貼った。

二回目施術(3日後)

腰の重だるさや歩行時のつらさは軽減した。

7回目施術

歩行時での症状はなくなった。

首の後屈動作でC7~尾骨にかけて重だるさが出ている。

現在の様子

腰の重だるさや歩行時のつらさもなくなった。

首肩の慢性的なハリ感などもあるため今後の予防も含めメンテナンスで行う。

患者様のコメント

腰痛で立ち仕事が辛くなりご厄介になりました。

施術を受けるたびに良くなるのがわかり10回通ったら噓のように楽になり立ち仕事も楽になりました。

担当者のコメント

腰痛の症状変化を少しでも実感していただき良かったです。

骨格を整え筋緊張を緩和することで痛みや支障もなくなりますので今後も一緒に頑張っていきましょう!

与野名倉堂鍼灸整骨院